FC2ブログ

バリでサーフィン

サーフィンする人が大好きな国。インドネシアのバリ。バリとサーフィンについてのブログです。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


そのままで

雑談 ] 2006/11/15(水)

結局ビーチまでついて来たアッセム。

時間はそうだなー、
確かAM6:00前だったかな。

そんな時間に何をしていたのかは不明だったが、
後で聞いて見るとクラブで遊んでいたようだった。

仕事はお土産用のキーホルダーやなんかに絵を描く仕事をしているとの事だったが、
結局アッセムが仕事場にいるところは一度も見なかった。

いつもブラブラ町にいた。

なかなか帰らなかったアッセムは
日本人が好きだった。

日本語も自分で少し勉強していて、
かなり間違っていたが、
なんとか理解できる言葉を話していた。

俺たちとの会話は主に日本語と英語を織り交ぜたものだった。

インドネシア語も少し教えてくれたなー。







19:32 | トラックバック:1 | コメント:0 | 先頭 | TOP


いつの間にか

雑談 ] 2006/07/16(日)

俺たちは元来た道を引き返して、
ちょっとした裏路地からおお通りに出た。

そこに広がる景色はバリだった。

朝早いからお店はほとんど閉まって、
人もほとんどいなかったんだけど。

目に映る景色は今まで行きたかったバリそのものだった。

サーフボードを抱えている俺たちに自然と笑みが広がる。

まだ少ない人しかいないのにほとんどのバリニーズが声をかけてくる。

日本語だ。

おはようとか。

サーフィン?
とか。

波はいい。とか。

みんな人懐っこい。

そんな中一人ずっと付いて来る奴がいる。

それがアッセムだった。

これが俺たちとアッセムとの出会いだった。


年は30代前半。

色黒で虎の絵がペイントしてあるジーンズ。

最初の印象はしつこいなー。って。

なんせ朝っぱらからずっと付いて来るから。

結局ビーチまで付いて来た。






21:38 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


そこは右だった

雑談 ] 2006/07/15(土)

ホテルを出ると道が3つに分かれている。

さてどっち?

勿論みんな分からない。

ホテルに着いたのが夜だったんで
明るい景色は初めて。

ここはやっぱサーファーなんで潮の香りがする方に歩いていきました。

海パンでサーフボード持って。

初めて見るバリのビーチに胸躍らせながら。

いきなり先行き不安。

まず道がどんどんチープに。

朝一なんでまだ人もほとんどいない。

で、10分くらい進んだところにバリニーズ。

どこ行くの?

日本語。

この格好見たら海でしょって思いながら、
答えはビーチ。

こっちはないよ。

あっち。

いきなり間違ってるし。

に、しても潮の香りなんてしないし。

まあ、こんな感じな連中だから面白い。

結構いいかげん。

これが一緒にいると心地いい。

でもこれは俺らがみんな連れだからなんだろうけど。

でも気軽に声をかけてくれたバリニーズに感謝。

ってことで引き返す。






22:16 | トラックバック:3 | コメント:0 | 先頭 | TOP


じゃらんじゃらん

雑談 ] 2006/07/14(金)

ジャランジャラン。

バリ語で散歩って意味です。

自分らがバリについて、
次の日一発目のサーフィンに朝一ホテルを出ました。

初めて泊まるホテルで事前に道も調べていませんでした。

連れでバリに来たことあるってやつが、
道なんて適当に聞けばビーチくらいすぐ着くって。

まあ、ホテルから歩いて15分くらいってのは分かっていたんだけど。

とりあえずホテルから出ると道が3つあった。

まずここから分からない。

人に聞くって言っても朝一ってほとんど夜明け前だから
人がいない。

やっぱり泊まるとこからビーチくらいは朝一入る人は知っておいた方がいいです。

前の日の夜にでも聞いておいた方がいいです。







19:18 | トラックバック:2 | コメント:0 | 先頭 | TOP


バリニーズ

雑談 ] 2006/07/13(木)

バリニーズは人懐っこい。

バリに行かれた人はご存知だと思いますが。

町や通りを歩いているといたる所で声をかけられます。

勿論ビーチでも。

よくバリの人から何かを買う時吹っかけられたとか、
ボッタクラレタとかって聞くと思います。

確かにたいていはローカルプライスより高い値段を伝えてきます。

それは皆生活がかかっているからですよね。

これは自分の個人的な意見なんですが、
商売をしているとやっぱり収入がいります。

お金はあるところから取ってくる、
ってのが自分の考えです。

それはどうかなって思う人もいると思いますが。

みんな必死なんですよね。

それはバリニーズだって一緒だと思います。

バリニーズより観光客のがお金を持っています。

だから皆必死にお金を落として(使って)もらおうとします。

自分はこの気持ちは分かります。

値段交渉は皆さんすると思いますが、
後でその金額でも高いなって思っても
それはバリに還元してると思ってください。

バリニーズがいるからバリはおもしろいです。

自分の連れにアッセムっていうバリニーズがいます。

ちょっと次回アッセムの紹介をしてみたいと思います。





17:18 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




< < 前のページ | このページの先頭へ | | 次のページ > >

自己紹介

profile_image

NAME : barijk
バリにサーフトリップに行ってすっかりバリの魅力にハマりました。サーフィンしない人にもバリの良さを伝えたいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。