バリでサーフィン

サーフィンする人が大好きな国。インドネシアのバリ。バリとサーフィンについてのブログです。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


ウルワトゥの波

ウルワトゥ ] 2006/06/29(木)

ここ数年JPSAの試合も行われているウルワツは、
世界でも名の知られているポイント,
ウルワツは、
うねりを敏感にキャッチしスモールからビッグコンディションまでサーフィンができる。

メインのコーナーを含めテンプル、
ピーク、
アウトサイドコーナーと波のサイズとタイドにより4ヶ所のポイントにに分れる。




テンプル

ウルワツの一番左奥のポイント胸からオーバーヘッドの小さめの時がよくダブルアップしてチューブに入れる。

タイドは、
12~20位がよく短い板で攻めた方が面白い。

クタビーチが、腰位の時が良いだろう。(6~8ftでもサーフ可能)




ピーク

ウルワツの正面のポイントに見えるのがピーク、
ここは、
ハイタイドの時がよくうねりが厚く、
波がシフトして入ってくる。

このブレークは、
ソウルサーファーに人気があり、
このポイントに通いつずけるサーファーも大勢居る。


オーバーヘッドからダブルオーバーの時がよくタイドは、
上げ気味の18~25位が良い、
波にパワーがあるので6’4”~6’8”位の板が良いだろう。

波が、
6ftを越えたら2ndリーフになりロータイド時が良くなる。

板は、7'0以上必要。




コーナー

コーナーは、
ウルワツのメインポイントロングライドでチューブにアクションが楽しめる。

テイクオフしてからインサイドに行くにつれて波がどんどん大きくなっ
てくる。

最後のセクションは、
棚が浅いのでプルアウト。

波は、肩~ダブル位でタイドは、
13~20ぐらいがよいだろう。

板は、
6’3”~6’8”位がお勧めまたダブル以上になるとアウトサイドコーナーで一回、
波が割れてしまい。

カレントも強くなり、
あまり良いコンディションになる。




アウトサイド

コーナー  アウトサイドコーナーは、
バリを代表するビッグウェーブスポット6ft以上が良く10ftオーバーでもクローズしない。

波は、大きなラインを描けチューブもありロングライドもできる。

インサイドはかなりカレントが強いので注意またおばけセットが入ると必ずくらってしまう。

タイドは、
1~8位のロータイドが良い。

このポイントでサーフする時は、
7’0”以上の板が必要。
スポンサーサイト






23:41 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://surftribejk2.blog72.fc2.com/tb.php/107-d3083f7f

コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

自己紹介

profile_image

NAME : barijk
バリにサーフトリップに行ってすっかりバリの魅力にハマりました。サーフィンしない人にもバリの良さを伝えたいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。